0xDEADDEAD It’s dead, Jim! エラーを修正

ブルースクリーンの死0x00000195は、SMBサーバが問題を検出し、デバッグ情報を収集するためのコアダンプを受信したことを示します。

このSTOPエラーは、「ブルースクリーンを排除するための一般的な推奨事項」という記事を使用して修正するために、ほとんど発生しません。

BSoDの排除に関する4の推奨事項:

1. 0xDEADDEAD It’s dead, Jim! が表示されるのは、オペレーティングシステム自体のコードエラーです。マイクロソフトはこのようなエラーを修正するために絶えず取り組んでおり、パッチとサービスパックをリリースしています。最新のアップデートパッケージ(サービスパック)をインストールし、システムを継続的にアップデートすることで、多くのエラーを減らすことができます。
2. 0xDEADDEAD It’s dead, Jim! が新しくインストールされたデバイスドライバまたはプログラムの後に現れた場合。ドライバを以前のバージョンにロールバックする必要があります。プログラムでは、物事はより簡単です、それらを取り除くことは失敗の原因を取り除きます。 「前回の正常な設定の実行」オプションが役に立つかもしれません。
3.新しいデバイスをシステムに接続した後に 0xDEADDEAD It’s dead, Jim! が表示され始めた場合は、オペレーティングシステムとの互換性を確認する必要があります。デバイスに互換性がある場合は、メーカーの公式サイトから最新のドライバをダウンロードしてインストールする必要があります。最新のドライバがインストールされている場合は、以前のバージョンのドライバをインストールする必要があります。デバイスがオペレーティングシステムと互換性がない場合は、このデバイスを変更するか、このデバイスをサポートするオペレーティングシステムを変更する必要があります。
4. 非常に多くの場合、 0xDEADDEAD It’s dead, Jim! の外観の原因は、RAMの故障です。それをテストするために、memtest86 +のようなテストプログラムを使うことができます。